FIZM5263
■荘内半島に描く千年の物語

香川県三豊市詫間町。
備讃瀬戸に開かれたこの地に荘内半島オリーブ農園は生まれました。
オリーブ農園のある積地区は、元々伝統的に唐辛子や除虫菊を育てていた場所。
ところが、時代の流れの中で耕作放棄され、長い間休耕田として放置されていたいました。
平成26年3月、約6000坪の土地を開墾し700本のオリーブを植え、私たちは事業を開始しました。
オリーブは生命力にあふれた樹。
大切に育てることで、樹齢1000年を超えることも稀ではありません。
それは、この場所に代々続く事業を作りたいという私たちの想いを託すに充分な存在でした。
この場所とオリーブが、あなたにとっての第二の故郷になることを祈っています。

■荘内半島オリーブ農園 園主より

荘内半島は瀬戸内海の中央部、突出した位置にあり。東は多島美で知られる塩飽諸島、西は広い海原が広がる燧灘に面した風光明媚な観光名所であると同時に、私が生まれ育った大切な故郷でもあるのです。
以前より、この地で未来へも引き継げる、そして地域の方とも一緒になって育てていける何かを模索していました。
山・海・太陽、この地の恩恵を大切にし、千年を超える夢への懸け橋として、ようやくオリーブへとたどり着きました。
皆様にとっても夢の一部となれますよう、今後とも全力で取り組んでまいります。

合同会社 荘内半島オリーブ農園 園主 眞鍋清三